2019/06/282日間だけ我慢して? <日本最古の遊郭>飛田新地がG20開催中に営業自粛

タグ :

#G20
#休業
#大阪
#大阪サミット
#料亭
#飛田新地

written by

佐藤 玄主

佐藤玄主8CROSS 編集長

1999年11月20日 兵庫県芦屋市出身。芦屋山手小在校中にボランティア活動の任意団体「超丸商店(芦屋山手超丸会)」設立し、ボランティア・スピリット・アワードを受賞。その後、尼崎市立尼崎高等学校を経て慶應義塾大学経済学部通信教育課程に在学中。2018年には西宮神社の伝統神事「福男選び」において一番福を獲得。2019年には一般社団法人クロスポイントプロジェクトを設立した。現在は転学を目指し、社団法人運営の傍でひっそりと受験対策をしている。

G20大阪サミットが開催されています

G20こと、第14回20カ国・地域首脳会合が大阪府のインテックス大阪において盛大に開催されています。
開催期間は6月28日、29日の二日間。
日本がこれまで経験したことのないほど大きな国際会議となっております。

そのG20開催期間の二日間は、日本最大級の風zoku…ではなく、「日本最大の遊郭」である飛田新地が営業を自粛すると話題になっています。
今回は飛田新地についてと、営業を自粛する意味を紐解いていきたいと思います!

飛田新地とは?

飛田新地(とびたしんち)とは、大阪市西成区にある「日本最古で最大の遊郭」です。
簡単に申し上げますと…大人の遊び場って感じですね(笑)
価格が1万円で楽しめるということから、日頃の疲れを癒しに大人たちが訪れるようです。
そんな飛田新地が営業を自粛するのは約30年ぶり。前回は天皇の崩御時だったようです。

いったいなぜ営業を自粛しているのか?

飛田新地を取りまとめる「飛田新地料理組合」によると、「混乱を避けるため」だそうです。
通常通りに営業したならば、規制がかかっている交通網での混乱が予想される。さらにそこからトラブルが発生すると、G20に多大なる迷惑をかけることになるだろう。それらが仮に大規模な事件へと発展してしまうと、開催が決まっている大阪万博などにも影響しかねないという、未来をも見据えての判断であったようだ。
決して、「風俗店だからよろしくない」というわけで営業を自粛しているわけではないのだという。

SNSの声












あくまでも飛田新地は「料亭」なのだ

大人の遊び場とは言いますが、あくまでも「料亭」の集まりなのです。
ただ、高級な和食が出てきて、重要な話や接待をするために利用するということではないということを理解してほしいです。
まあ、具体的には……(笑)
申し上げにくいですが、飛田新地周辺を歩いていたら、「女将さん」に手招きや声をかけられ、それにより「客」が入店。専属の「仲居さん」を選ぶというシステムらしい。
そこから仲居さんとの恋が始まり、それが発展して…という展開のようです。(お察しください。または個人の判断により検索してください。)

神戸・福原が大盛り上がりになる予感?

飛田新地が営業自粛している二日間は、兵庫県神戸市にある福原を利用するお客様が多いのではないでしょうか?
福原は、飛田新地のとは違い、「お風呂屋さん」です。
まあ、結局行う内容は同じですが…(笑)

期間中には大阪に近づかない方が良い!

いかがでしたでしょうか?
今回はG20開催による飛田新地営業自粛についてを簡単にまとめてみました♩
このメディアを見ている若年層の方々は、普段から絶対に近づかないようにしましょう。トラブルに巻き込まれることもありますので…
G20開催期間中は、阪神高速道路が閉鎖、電車の営業取りやめ、近隣学校では休校措置が取られています。
色々と不自由なことがありますが、この二日間だけは大阪に足を運ばないという選択がベストです!
また、開催期間二日間はニュース等でG20に関する話題が多く取り上げられます。どのような内容のことを議論しているのかなどに、耳を傾けるのも重要です。

8CROSS 公式Twitterのフォローをお願いします!

8CROSSの公式Twitterでは、最新記事に関する情報などを随時配信中です。
フォローよろしくお願いします!
8CROSS公式Twitter

関連記事

おすすめ記事