2019/05/28《教育》【心を洗い、心を磨く】市立尼崎高校の卒業生が母校へ送るエール特集④

タグ :

#市尼
#市尼応援プロジェクト
#教育

written by

佐藤 玄主

佐藤玄主8CROSS 編集長

1999年11月20日 兵庫県芦屋市出身。芦屋山手小在校中にボランティア活動の任意団体「超丸商店(芦屋山手超丸会)」設立し、ボランティア・スピリット・アワードを受賞。その後、尼崎市立尼崎高等学校を経て慶應義塾大学経済学部通信教育課程に在学中。2018年には西宮神社の伝統神事「福男選び」において一番福を獲得。2019年には一般社団法人クロスポイントプロジェクトを設立した。現在は転学を目指し、社団法人運営の傍でひっそりと受験対策をしている。

市尼応援プロジェクト

先日公開したコラム記事の反響が大きく、急遽「市尼応援プロジェクト」を開始することにいたしました。(非オフィシャルで、尼崎市立尼崎高等学校との関係性はありません)
↓コラムリンク
市尼生という誇りを胸に。【大変な時だからこそ読んでもらいたい】後輩へ送る魂のメッセージ

体罰問題で揺れる市立尼崎高校。連日のメディアによる無感情な報道により、疲弊されている現役の市尼生・先生方へのエールを卒業生からお送りします。
純粋な気持ちを伝えたいと考え、あえて編集はせず、お送りされてきた通りに1日8件ずつご紹介いたします。本日は第4弾です。

吉田遊悟さん(普通科・陸上競技部OB)

市尼は市内の中でもテスト前や受験期は先生が夜遅くまで残ってくださり、しっかりとした対策や補習などが設けられ校風通りの文武両道をしようという事が生徒だけでなく先生からも伝わってきます。
それは別の高校に聞いても滅多にないそうです
そんな先生達を僕は応援したいし負けて欲しくないと思います

秦康太さん(体育科・陸上競技部OB)

僕自身も市尼の体育科を卒業した今でも、あの学校を卒業できてよかったと思っています。大学に入ると上下関係や礼儀などがさらに厳しくなります。体育会系ならなおさらです。大学の同級生を見てると高校とのギャップに苦しんでるように見えました。しかし、市尼体育科は他の学校に比べて礼儀など、より丁寧に教わることができ、社会に出ても活躍できる人材を育成していると思います。
今回の件をニュースで知ってとても驚きました。SNS上でもかなり騒がれたみたいですし、テレビでも頻繁にやっていたのを見ました。これは市尼がいかにスポーツ強豪校であり、周りから注目されていたのだと感じました。僕は体罰を肯定するわけではないですが、今回の件に関しても事実を知っているのは先生とその本人であって部外者が口出しすることはないと思います。ネットで叩いている人たちに勘違いしてほしくないのは本気で生徒と向き合っている先生もいることです。少なからず僕が所属していたクラブでは、夜遅くまで嫌な顔も見せずに練習に付き合って下さったり、テストの点が悪かったり、授業内容をあまり理解していないと個人的に呼んで教えて下さったりと数え切れないほどお世話になりました。今回は起きてはいけない事件がありましたが、僕は市尼を卒業してよかったとこれからも胸を張って言うつもりです。これから少し大変な時期になると思いますが、先生方一同、生徒の皆さん、持ち前の団結力で乗り越えてください。やっぱり市尼はすごいな!って言ってもらえる学校になるのを楽しみにしています。正しく、強く、美しく!これからもお互い頑張りましょう!

喜莱夏純さん(体育科・水泳部OG)

先生は厳しくて、体育科の先生は特に、でも生徒を誰も見放さないいい先生ばかりです。挨拶や礼儀はたくさん教えてもらい、大学生になった今では市尼で習ったことが活かされています。
また、体育科は部活、男女関係なく仲が良く3年間とても楽しかったです。
そして、市尼に行ってよかったと思うか方が多く、私も市尼に行って本当に良かったと思います。
今は大変なことになっているけれど、こんなことに負けずに頑張ってください!!

藤岡凌雅さん(体育科・男子バレーボール部OB)

厳しい環境の中で、仲間との絆を育み、仲間と切磋琢磨しあえる。スポーツに打ち込める最高の環境があること。学校生活でも私たちのことを一番に考えてくれるのがいちあまの良さです。
授業、進路から些細な悩みなどの幅広く、一人一人に対して親身に、真剣に、熱心に接してくださる。生徒を思う気持ちがすごく伝わり、それに答えようとする生徒、クラス、学年とつながっていき、市尼が成り立っていると思います。
市尼なら必ず大丈夫です。皆さんはどんな向かい風にも負けないです。強いです。信じてください。みなさんには仲間がいます。これからも、いつまでも応援しています。

岸風花さん(体育科・女子バスケットボール部OG)

体育科では大切仲間を見つけ、3年間お互いを高めあって成長できる。
市尼では先生と生徒同士仲が良く、親身になって色々なことを考えてくれる。
ニュースに負けず、自信を持って市尼のことを誇りに思ってほしい。頑張ってください‼

安田凌さん(普通科・陸上競技部OB)

数少ない体育科があることによって、部活が盛んになるしいい見本になってる、また体育を通しての人間性や社会性を身につけて次の人生へ進んでいける、他の学校見たりしてても市尼は真面目で確実に多くの事を経験してる、
今は悪い事が1つ発覚したことによって光が当たらないけどいずれ雲が晴れて逆にいい転機(天気)が訪れると感じてる。
教師はやる事を一つ一つ生徒の事を考えて行動すべき。

樋元健将(体育科・硬式野球部OB)

体育科生全員が厳しい練習で自分を追い込んで仲間と目標に向かって頑張ってるからみんな仲が良くて絆が深まりイジメなんてないのが当たり前なところがすごい良いとこや思います!
世間からの風当たりはかなり強いと思いますけど、市尼を卒業できたことは誇りです!頑張って下さい!!

中村佳喜さん(体育科・硬式野球部OB)

全員が目標に向かって熱くなれるところ、当たり前のことを当たり前にできるところが市尼の良いところです。
在校生 マスコミやメディアに負けないで自分ができることを一生懸命やってください。
先生方 、市尼は大切な仲間と大切な時間を過ごしたところで、僕たちが帰れる場所であってほしいです。どうかよろしくおねがいします

「心を洗い、心を磨く」中村天風

画像引用元:https://www.tempukai.or.jp/

かつて皇室会議で講師を務めたとも言われる中村天風さん。
「心を洗い、心を磨く」ことで人間形成を測るようにと教育を進めた結果、その教え子たちは誰もが知る偉大な人物へとなっていきました。
あの名経営者の松下幸之助さんや、東郷平八郎元帥、京セラの稲盛和夫会長なども、天風会のメンバーです。
私が四国八十八か所(お遍路)に行った際、遍路道のいたるところに天風さんの名言の札があり、その度にその言葉の意味を考えていたことを思い出します。
周りには惑わされる必要はありません。
「心を洗い、心を磨く」
この言葉を心の片隅に置いて、「イイ人間」になってくださいね!
輝け市尼生!

【募集】市尼の生徒や先生方へのエールが必要です!

沢山の応援メッセージをありがとうございます♩
まだまだ卒業生の方からのエールをお待ちしております!
エールは以下までお願いします。
8CROSS公式TwitterDM
8CROSSお問い合わせフォーム
佐藤玄主HPお問い合わせフォーム(ページ下部)
までお願いします。

※本名の公開を避けたい場合はペンネームでお願いします。
※在校時に所属していた部活動(入っていた場合のみ)、普通科または体育科を明記してください。
※応援メッセージの形式は問いません。(消極的な内容はお控えください)
コラム記事等の情報拡散についてもご協力よろしくお願いします。

関連記事

おすすめ記事