2019/06/24【JICA/商社/電通/P&G】就活強者による選考対策講座 Sponsored by Re-Place

タグ :

#PR
#キャリア観
#自己分析

written by

エイトクロス編集部

エイトクロス編集部

2019年3月9日の設立された、一般社団法人クロスポイントプロジェクトが運営するwebメディア「8cross」の編集部

就活強者が語る、選考対策及び必要知識

皆さんこんにちは今回は就活を控える皆さんに向けて役立つ知識をいくつかご紹介できればと思います!代表して僕が伝えていますが、難関企業内定の現役早稲田大学4年生が中心となり立ち上げた就活支援Re-placeの方達に協力してもらった記事です!
極端に役立つ就活の勝ち方を端的にお伝えしていきます。
それではまず一つ目

ESの書き方(テンプレ)

今回はESの具体的な書き方の一例です。
① 私はAを成し遂げた
② Aという目標と現実を比較するとBという課題があった
③ Bを解決するために2つ策を打った
④ 1つ目は〜、2つ目は〜
⑤ その結果Bを解決しAを成し遂げる事が出来た
⑥ この結果〇〇を学んだ
上記の流れに皆さんの経験を当てはめてみて下さい

面接官を納得させる志望動機の作り方

要素
①原体験(過去の具体)
②考え(過去の抽象)
③ 軸(現在の抽象)
④ 志望企業(現在の具体)
【解説】
過去の具体事例を抽象化してから、具体的な企業に落とし込むイメージです。志望理由を聞かれても①②の話まで戻せば否定されづらいです!

ロジックツリー

このフレームはESから面接まで多義に渡り役立ちます!
問題を関連した要素毎にMECEに(漏れなくダブりなく)分解していく方法です
論理的か否かは、ツリーを描けているか否かと同義です。
面接では返答が
① MECEでない
② 話の階層が違う
の上記どちらか当てはまる場合には低評価がつけられています

グルディス強者の一例

A. 話を聞いてまとめる人(一例です。他にも様々ありますが、誰でもできて一番やりやすいグルディスの受かる例なので今回はピックアップ)
多くの人が、"自分は何を話すか"を意識するのがGD。だから"まとめること"は差別化ポイント!
図など用いて意見をまとめていくと、仕事での再現性が高く評価されることが多いです
『良い意見』より『仕事での再現性』

この知識を紹介する就活支援団体【Re-Place】(リプレイス)とは

こんにちは!早稲田大学の4年生です!
21卒の学生の就活支援をしたいと考え、Re-placeという就活支援団体を立ち上げました!

【Re-placeについて】
難関企業内定の現役4年生による21卒の為の就活支援団体🌍早稲田の現役4年生を中心に東京で運営しています!

【スタッフの内定実績】
JICA,総合商社,電通,大手コンサル,東京海上日動,野村証券,Amazon,P&G,ロレアル,LINE,メガバンク各社,大手飲料メーカー,キーエンス,楽天,レバレジーズ(複数人),リンクアンドモチベーション
その他多数!

【私達が出来ること】
『自己分析、ES、面接、グルディス対策』(今後企業と提携したイベントもやる予定です)
『様々な業界、企業理解の支援』
『就活の流れを0から解説』

上記を "実績十分な現役20卒" が面談や公式ライン上にて行います😊

面談予約は公式LINEにて!
友達追加は上記QRコード、またはこちらから→Re-Place

わせディア

今回の記事は、姉妹メディアのわせディアからの転載でお送りいたしました!
ぜひ、わせディアの方も読んでみてください!

関連記事

おすすめ記事