2019/08/19大好きな「敦賀高校」の名前を背負って。最高の仲間と送った汗と涙の時間

タグ :

#スポーツ
#大学生
#女性
#陸上競技特集

プロフィール

久保田光菜龍谷大学 陸上サークル

久保田光菜(くぼたみな) 2000年6月27日福井県出身。三方中学校、敦賀高校を経て龍谷大学へと進学し、現在1回生。専門種目は400mHと100mH。主な成績として、 U18男女混合マイル4位・H30年北信越総体400mH優勝/100mH 5位/4×400mR優勝・H30年福井国体400mH8位などがある。

インタビューのまとめ

2020年に開催される東京五輪では、陸上競技のチケットの価格が最も高価で販売されるほど、世界的に注目を集めています。私たち、8CROSSライターには陸上競技に携わってきた者が多く、「陸上競技に貢献したい!」という志が一致し、今回陸上競技特集を立ち上げました。今回は選手紹介の第4弾として、龍谷大学(敦賀高校出)の久保田光菜選手にインタビューを行いました。

男の子よりも速かった幼少期。兄の影響で陸上を始めた少女の進歩

Q 久保田選手が陸上競技を始めたきっかけを教えてください

久保田

私は、小学校の頃に空手と野球やっていて、とにかく運動が好きでした。走るのは得意で、少年野球時代はチームの男の子より速くて、足が速かったです。また、自分の住んでいた町の小学校の陸上大会で三冠した経験が陸上を始めたきっかけです。でも一番のきっかけは兄が陸上部だったことです。ハードルをしていて、たまに両親と試合を観戦しに行き、「かっこいいな」「自分もあそこで走りたいな」って思いました。兄の影響は大きいと思います。

Q 国体入賞経験を持つ久保田選手の強さの秘訣を教えてください

久保田

決して強いとは言える選手ではなかったので強さの秘密は何だろう?と思いますが、強いて言うならば、チーム内に最高のライバルがいたことです。知らない間にバチバチしていて、フリー練習のジョグですらバチバチして、気がついたらめちゃくちゃ速く走ってたり…とかそんな時代もありましたね(笑)外の敵より内の敵って感じでした。全国レベルの仲間と毎日そのように過ごしてたのが良かったのだと思います。

涙を拭った経験も…でも敦賀高校は大好き!そしてドMな一面も…(笑)

Q 特に記憶に残っている大会はありますか?

久保田

プレッシャーに打ち勝って初めて個人で入賞できた、高3の地元の国体!!
と言いたいところなのですが、高3のインターハイです。
怪我で出場できず、個人競技よりもマイル(4×400mR)を走れなかったのがとても辛くて、悔しくて、苦しかったです。当時のメンバーなら入賞も狙えていたし、県記録の更新も十分狙えました。それを自分のせいで壊してしまったことが本当に悔しいです。3年間なにしてたんだろうな…と、今までで1番大きな挫折だったかもしれないです。

Q 久保田選手の陸上に対するモチベーションを聞かせてください

久保田

「敦賀高校」という名前を背負って走るだけ、それがモチベーションになっていました。
全国大会だと、どんなに遠くても親がバスを出してくれ、親戚や私を小さい時から知っている父の会社の人たちが応援にきてくれて、気がついたらお揃いのTシャツなんか作っていたこともありました(笑)
本当に有難いことでした。そんな応援してくれる人のために結果を残したいという気持ちが大きかったので、それがモチベーションになってたと思います。

Q 陸上で最も過酷な競技と言われる400mハードルに挑戦しようとしている方にメッセージをお願いします

久保田

できないことなんてありません!私が経験して言えることは、諦めたら本当に可能性はなくなります。1%でも可能性があるのならば、自分を信じて、諦めなければ結果として、また結果以外にも何かしらの形で得るものはあると思います。最初は大変だと思いますし、始めるにもちょっと勇気がいると思いますが、是非挑戦してみてください。今は400mHやっててほんとに良かったって思います。おかげで忍耐力、精神力が身につきました!もう怖いものなしです。(笑)
一番キツイ競技と言われますが、私的にはとても楽しかったです!何と言っても、ラスト100mは意外と楽しいんです。ありきたりな言葉でいえば「達成感」は他の種目よりあるんじゃないかなと思います。
短距離種目でも400mHは競技時間長いほうなのですし、何よりトラック一周するので目立ちますよ(笑)

これだけは譲れないっ!朝は絶対〇〇しか食べないんです!

Q 競技面では「男勝り」な面を発揮している久保田選手ですが、女の子らしいこだわりはありますか?(笑)

久保田

女の子らしいこだわり…そんな大きなこだわりはないかなっておもいます(笑)
強いて言うならば、最近は朝ごはんは絶対に食べます!それも必ずパンで。
その他には、靴はこだわりを持っています。ランニングシューズやスパイクは、足にフィットした履きやすいもの使用していたので、プライベートのスニーカーは見た目もこだわりますが、なんといっても履きごごちは譲れないです!なのでついちょっと良いスニーカーとか買っちゃいます…!服とかはなんでも良いやっ!って感じですが、小物はデザインや生地、耐久性だとか、変なこだわりがたまにあるらしいです…私は無意識です…(笑)

現在は本格的な陸上競技からは離れている久保田選手。笑顔の絶えない彼女の目標とする人物とは

Q 感謝の気持ちを伝えたい人はいますか?

久保田

私が感謝の気持ちを伝えたい人は、自分の周囲の方々です。
ここで、急なカミングアウトになってしまうのですが、実は中学で陸上を辞めるつもりだったんです…(笑)
ですが、そこで私を高校陸上の道へ導いてくださった高校の木原先生と、中学の顧問の先生にはとても感謝してます。「陸上続けさせてくれてありがとう」と伝えたいです。

他にも、高校のチームメイトにも感謝しています。怪我をした私は正直、何も声かけなんていらないと思っていました。ですが、チームメイトは優しく声をかけてくれました。怪我をした時点で、「私はここにはいられない」と思ってたので、本当にチームメイトには感謝しています。
家族や親戚も遠くまで、バスを出して応援に来てくれたこともあり、私は本当に幸せ者だなと思います。

Q 最後に、久保田選手の志を教えてください

久保田

恥ずかしくて言いづらいのですが、私の志は「恩師の木原先生のようになる」ということです!
そのためにも、大学生の間に様々な人生経験積み、何事にも対しても考えることができる人間になりたいです。

現在は、本格的な陸上競技からは離れ、龍谷大学の陸上サークルで楽しく走ることに取り組んでいます。ですが、その選択が果たして正解だったのか、間違いだったのかを毎日悩んでいます。ですが、以前、私の国体でのレースを見て「負けませんよ!」と言ってきた後輩がインターハイで入賞していた姿を見て、少し救われた気がしました。なぜなら、私が陸上に取り組んでいたことに「意味があったかもしれない」と思えたからです。何気ない言葉でしたが、自分にとっては、とても嬉しかったです。

陸上競技をしている方に伝えたいです。
私は、ずっと自分に自信がなく、怪我をするまで自分のチーム内での存在がどれだけ大切だったか気づけないくらいでした。「大事なとこでしっかり記録出すね」って言われてたんですけど、自信はずっとないくせにスタートライン立つとなぜかもう自信に満ち溢れてたんです(笑)負ける気しない、記録出せる気しかしない、という感じでした。緊張もしませんでした。無理にそのように思い込んでたのかもしれないですが、スタートラインに立ってる時に自信もって堂々と立つことは、とても大切かもしれないです。私はそれで戦えてました。
そんな陸上競技で培われたメンタルが今、生かされており、ハングリー精神旺盛な日々を送っています(笑)

陸上競技は本当に素敵です。陸上競技は、ますます注目される競技になってほしいと思います。

久保田光菜さんの情報

8CROSSへのメッセージ

今回は取材していただきありがとうございます。多くの人に8CROSSさんのメディア活動を知ってほしいなと思います。

編集後記

先日行われたアスリートナイトゲームズ主催の中心人物となっている敦賀高校の木原先生の教え子、久保田光菜選手の紹介を行いました。敦賀高校という恵まれた環境で、競技力も人間力も向上した彼女は、現在は本格的な陸上競技からは離れています。ですが、陸上競技から学んだ様々なことから現在は龍谷大学でハングリー精神旺盛な女子大生として日常生活を送っています。今も、サークルに所属し体を動かすとともに、後輩の応援に地元福井まで足を運ぶ彼女は、陸上に触れた時に最高の笑顔を見せてくれる。今後も一女性としての素晴らしい人生を送ってくれることを期待しています!

written by

佐藤 玄主

佐藤玄主8CROSS 編集長

1999年11月20日 兵庫県芦屋市出身。芦屋山手小在校中にボランティア活動の任意団体「超丸商店(芦屋山手超丸会)」設立し、ボランティア・スピリット・アワードを受賞。その後、尼崎市立尼崎高等学校を経て慶應義塾大学経済学部通信教育課程に在学中。2018年には西宮神社の伝統神事「福男選び」において一番福を獲得。2019年には一般社団法人クロスポイントプロジェクトを設立した。現在は転学を目指し、社団法人運営の傍でひっそりと受験対策をしている。

関連記事

おすすめ記事